文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

JST、新型コロナウイルスを契機に変化する「Life」を考える「サイエンスアゴラ2020」をオンラインで開催(開催案内)
2020年10月14日 | 日本

科学技術振興機構(JST)は、11月15日~22日に、「サイエンスアゴラ2020」をオンラインで開催する。11月13日・14日には、「プレアゴラ」として関連企画を実施する。

 

今回は、新型コロナウイルスを契機に変化する「Life」がテーマ。社会が変わっても、変わるもの、変わらないもの、変えたくないものをそれぞれの立場で考え、生命や生活、人としてのあり方と科学技術の接点について考えを深めていく。

 

期間中には公募で集められた約100件におよぶ企画が予定されており、開幕セッション(15日 10時~12時)ではNTT 篠原弘道取締役会長、IBM T.J.ワトソン研究所 浅川智恵子フェローら有識者とコロナ禍を踏まえた目指すべき未来社会像について考える。また、ポストコロナ時代の研究活動、特に情報共有のあり方について研究者と共に探る「ポストコロナ時代の研究活動における情報共有 ~成果発表・学会~」(17日 18時30分~20時)も開催する。

 

プレアゴラでは、障がいのある人たちが先端技術の力を借りて、日常で必要な動作を競う国際競技大会「サイバスロン」東京大会やIVRC決勝大会が行われ、15日からの見どころも紹介する。

 

<開催概要>

開催日時: 2020年11月15日(日)~ 11月22日(日)

※11月13日(金)、14日(土)に「プレアゴラ」を開催

開催形態:オンライン

参加費:聴講無料(一部、材料など参加者にて用意する企画あり)

参加方法:オンデマンド配信と事前登録制

 

ポストコロナ時代の研究活動における情報共有 ~成果発表・学会~(h​​tml

報道資料(​​pdf:全9ページ)

※以上、JST (accessed 2020-10-12)

 

[ニュースソース]

新型コロナウイルスを契機に変化する「Life」​​を考える 「サイエンスアゴラ2020」をオンライン開催 ― JST 2020/10/09 (accessed 2020-10-12)

SCIENCE AGORA 2020 ― JST (accessed 2020-10-12)

 

[小欄関連記事]

2020年07月02日 JST、「サイエンスア​​ゴラ2020」のオンライン開催を発表