文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

NISTEP、COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレプリントを用いた研究動向の試行的分析の補遺を公表
2020年11月06日 | 日本

NISTEP(National Institute of Science and Technology Policy、科学技術・学術政策研究所)は、11月4日、「COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレプリントを用いた研究動向の試行的分析」(DISCUSSION PAPER No. 186)の補遺を公表した。

 

これは、主要プレプリントサーバーにおけるCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連研究の概況を把握した「COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレプリントを用いた研究動向の試行的分析」(6月30日に公表)に、2020年9⽉末時点までのデータを加え同様の分析を行い、国・地域ごとの特徴も追加したもの。

 

その結果として、5月末をピークに投稿数が減少していること、社会経済・公衆衛⽣等のトピックが増加していること、5月以降は米国の投稿数が伸びていることなどがわかったという。

 

COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレプリントを用いた研究動向の試行的分析-(html

※以上、NISTEP (accessed 2020-11-05)

 

[ニュースソース]

COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレ​​プリントを用いた研究動向の試行的分析[DISCUSSION PAPER No. 186]の補遺の公表について ― NISTEP 2020/11/04 (accessed 2020-11-05)

 

[小欄関連記事]

2020年07月02日 NISTEP、「COVID-19 / SARS-CoV-2 関連のプレプリントを用いた研究動向の試行​​的分析」を公表