文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

理研、スーパーコンピューター「富岳」が4つのスパコンランキングで2期連続の世界第1位を獲得したと発表
2020年11月20日 | 日本

理化学研究所は、11月17日、富士通と共同で開発・整備を行っているスーパーコンピューター「富岳」が、4つのスパコンランキング(「TOP500」「HPCG」「HPL-AI」「Graph500」)において2期連続で世界第1位を獲得したと発表した。

 

今回の富岳のシステムは、前回(2020年6月時)を上回る432筐体、15万8,976ノードのフルスペックで、全測定結果が前回を超えた。

 

各ランキングの詳細は以下のとおり。

・TOP500:ベンチマークプログラムの性能(演算速度)を競うもので、本ランク1位のスパコンは世界一のスパコンと称される。富岳のLINPACK性能は442.01PFLOPS(ペタフロップス)・実行効率82.3%で、2位の米国の「Summit」に約3倍の性能差をつけた。

・HPCG:産業利用など実際のアプリケーションでよく用いられる共役勾配法の処理速度のランキング。富岳は16.00PFLOPSで2位のSummitに約5.5倍の性能差をつけた。

・HPL-AI:ディープラーニングなど人工知能(AI)処理で用いられる演算性能のベンチマーク。2.004EFLOPS(エクサフロップス)で、2位のSummitに約3.6倍の性能差をつけた。

・Graph500:ビッグデータの解析において重要な指標となる大規模グラフ解析に関するランキング。10万2,955GTEPS(ギガテップス)で、第2位の中国の「Sunway TaihuLight」に約4倍以上の性能差をつけた。

 

[ニュースソース]

スーパーコンピュータ「富岳」TOP500、HPCG、HPL-AIにおいて2期連続の世界第1位を獲得 -Society5.0実現の情報技術基盤としての総合的な高性能を実証-― 理研 2020/11/17 (accessed 2020-11-19)

スーパーコンピュータ「富岳」がGraph500において2期連続で世界第1位を獲得 -ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価- ― 理研 2020/11/17 (accessed 2020-11-19)

 

[小欄関連記事]

2020年06月24日 理研、スーパーコンピューター「富岳」が4つのスパコンランキングで世界第1位を獲得したと発表