文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

NISTEP、「博士人材追跡調査」 第3次報告書を公表
2020年12月02日 | 日本

NISTEP(National Institute of Science and Technology Policy、科学技術・学術政策研究所)は、11月27日、「博士人材追跡調査 第3次報告書」(NISTEP REPORT No.188)を公表した。

 

本報告書は、2012年度博士課程修了者(有効回答数1,758名)および2015年度博士課程修了者(有効回答数2,381 名)を対象に、それぞれ修了6.5年後、修了3.5年後の就業状況、キャリア意識、研究状況等を調査・分析したもの。

 

その結果として、博士課程で得られた「論理性や批判的思考力」が現在の仕事などに一番役立っていること、雇用先機関は大学等が最も多く、大学等および公的研究機関における任期なし(終身在職権あり)の割合が増加していること、ポストドクターの割合が減少し助教・講師の割合が増加していることなどが示されている。

 

『博士人材追跡調査』第3次報告-(ht​ml

※以上、NISTEP (accessed 2020-11-30)

 

[ニュースソース]

『博士人材追跡調査』第3次報告書[NISTEP REPO​​RT No.188]の公表について ― NISTEP 2020/11/27 (accessed 2020-11-30)

 

[小欄関連記事]

2018年03月05日 「博士人材追跡調査」第2次​​報告書[NISTEP REPORT No.174]の公表