文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

cOAlition S、STMの「RRSに対する声明」への反論を公表
2021年02月16日 | ヨーロッパ

cOAlition Sは、2月3日、RRS(Rights Retention Strategy、権利保持戦略)に対するSTM(International Association of Scientific, Technical and Medical Publishers、国際STM出版社協会)の声明への反論を公表した。

 

cOAlition Sは、多くの出版社と協力してVoR(Version of Record)をOA(オープンアクセス)化するルートをサポートしており、助成機関は完全OAジャーナルのAPC(論文掲載料)のみならず、Read & Publish契約などのTA(Transformative Agreement、転換契約または移行契約)、TJ(Transformative Journal、転換ジャーナル)への研究助成金の活用も許容していると説明。

 

出版社が査読プロセスの管理およびサポートに多大なリソースを要する点は理解するが、査読自体は研究コミュニティーがボランティアベースで行っていることに留意すべきであること、学問の自由を脅かすという主張やVoRの価値を低下させるという主張は具体性を欠いておりそのような事態は起こりえないと反論した。

 

ほかにも、RRSの行使は著者個人の権利であり出版社の許可を必要としないこと、公開優先権を通知してきたAAM(Author Accepted Manuscript、著者最終稿)の採録を拒否する権利が出版社にはあることなども示した。

 

[ニュースソース]

cOAlition S response to the STM statement: the Rights Retention Strategy restores long-standing ​academic freedoms ― Plan S 2021/02/03 (accessed 2021-02-15)

 

[小欄関連記事]

2021年02月15日 STM、cOAlition SのRRSに対する声明を発表