文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Dryad、Zenodoとの連携を発表
2021年02月18日 | 北米・中南米,ヨーロッパ

研究データリポジトリDryadは、2月8日、同種のリポジトリZenodoとの連携を発表した。

 

Dryadは、新たなタブ"Upload Software"を追加。これにより、Dryad でコード、スクリプト、ソフトウェアをアップロードでき、それらを直接Zenodoに送信することができる。これまでDryadでCC 0のみとしていたソフトウェアライセンスについても、他のものを選択できる。

 

また、査読期間中のデータセット非公開機能や、論文採録前に対象者(ジャーナル関係者や共同研究者)だけがデータにアクセスするためのダブルブラインドURLの発行といったDryadの機能は、Zenodoにホストされるデータにも適用される。

 

公開後のデータセットは、DryadとZenodoのランディングページで表示され、DateCiteのメタデータが作成されるほか、バージョン管理や更新もDryadのインターフェイスで随時行えるという。

 

[ニュースソース]

Doing it Right: A Better Approach for Software​​ & Data ― Dryad 2021/02/08 (accessed 2021-02-17)

 

[小欄関連記事]

2019年07月24日 Dryad、Ze​​nodoとパートナーシップを締結