文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

IFLA、カナダおよびシンガポールの著作権法改正に関わる意見書を公開

IFLA(International Federation of Library Associations and Institutions、国際図書館連盟)は、4月13日、カナダおよびシンガポールの著作権法改正に関わる意見書を公開した。

 

3国間(カナダ、メキシコ、米国)の貿易協定において著作権保護期間を著者の死後50年から70年に延長することを取り決めたカナダに対し、IFLAは著作権保護期間延長については反対の立場であるとしつつ、延長が不可避な場合は、その弊害を最小限にすべきであると指摘。

 

オーファン( orphan、孤児)著作物やアウト・オブ・コマース(out of commerce)著作物の利用を可能にするオプションを付与すること、創作後100年を経た著作物の利用を例外とすること、著作権者が保護期間の最後の20年間の権利行使を求めた場合の登録システムを構築しつつ未登録作品はパブリックドメインとすることなどを推奨した。

 

シンガポールについては、過去5年間、著作権法の簡素化およびデジタル時代に即した著作権法改正に向けて取り組んできたことに言及。テキスト・データマイニングや教育におけるデジタル資料の利用許可の明示や、フェアユース規定の導入を簡素化するとした同国の改正案を、IFLAは歓迎した。またIFLAは、図書館資料のテキスト・データマイニングをリモートから可能にすること、著作物の商業利用の可能性を確認する際の図書館の管理負担を回避すること、印刷物を読むことに障害がある人のためにマラケシュ条約の実施条項の拡大について最大限明確にするよう求めた。

 

[ニュースソース]

IFLA submits comments on Canada, Singa​​pore copyright reforms ― IFLA 2021/04/13 (accessed 2021-04-15)


[小欄関連記事]

2013年07月04日 WIPO、視覚障害者などへ​の出版物アクセス拡大条約を採択、スティービー・ワンダー氏が称賛