文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Biomedical Linked Annotation Hackathon 7(BLAH7)参加報告(記事紹介)
2021年05月27日 | 日本

JST(科学技術振興機構) NBDC(National Bioscience Database Center、バイオサイエンスデータベースセンター)は、5月25日、「Biomedical Linked Annotation Hackathon 7(BLAH7)参加報告」と題する記事を公開した。

 

本記事は、1月18~22日にオンラインで開催されたBLAH7の概要を報告するもの。

 

本ハッカソンは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の世界的流行を受け、特別テーマに「自然言語処理(NLP)技術を結集するとCOVID-19との戦いにどこまで役立つことができるか」をすえ、COVID-19に関連するアノテーション・マイニングに関するプロジェクトを中心に開催したことを紹介。

 

米国のNCBI (National Center for Biotechnology Information、国立生物工学情報センター)がリリースしているCOVID-19関連文献セット"LitCovid"を利用した情報抽出やシステム開発をはじめとするプロジェクトの概要や、各国から参加者が集うオンライン開催ならではの苦労なども述べている。

 

[ニュースソース]

Biomedical Linked​ Annotation Ha​ckathon 7(BLAH7)参加報告 ― NBDC 2021/05/25 (accessed 2021-05-25)

 

[小欄関連記事]

2020年11月05日 DBCLS、第7回BLA​Hのオンライン開催の告知とプロジェクト提案を募集(開催案内)