文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

University of CambridgeにおけるElsevier社ジャーナルの購読・出版に費やした金額や契約交渉に向けた取り組み(記事紹介)
2021年06月22日 | ヨーロッパ

University of Cambridgeは、6月8日、"The University of Cambridge and Elsevier. The contract between academic publisher Elsevier and UK Universities is due for renewal in December 2021. What will happen as that date approaches?"と題する記事を公開した。

 

本記事は、現在の契約において、同大学がElsevier社ジャーナル購読(1,800誌以上)のために130万ポンド、論文出版に1記事当たり120~7,800ポンドを費やしたことに言及。

 

同大学は、多くの出版社や学協会と、購読・出版の費用を一つにまとめたTA(Transformative Agreement、転換契約または移行契約)やread & publish契約を締結してきた。しかし、同社はPlan Sに準拠した同様の契約を英国の大学と締結した実績がなく、英国の大学との契約満了(2021年12月)に伴い、Universities UK(英国大学協会)が中心となったUK Universities sector、JiscがElsevier社と契約交渉を始めたことを紹介している。

 

そのほかに、契約交渉への貢献のために、同大学図書館が学内の学術コミュティーであるJCS(Journals Coordination Scheme)Steering GroupおよびOpen Research Steering Committeeを通じて協働しており、Elsevier社からの提案と契約交渉に関連するデータ・情報を収集していることなどを示している。

 

[ニュースソース]

The University of Cambridge and​ Elsevier — CUP 2021/06/08 (accessed 2021-06-15)​