文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

ALPSP、UKRIの新たなOAポリシーに対する懸念を表明
2021年08月19日 | ヨーロッパ

学術・専門分野の非営利出版者をサポートするALPSP(Association of Learned and Professional Society Publishers、学協会出版者協会)は、8月11日、UKRI(UK Research and Innovation)の新たなOA(オープンアクセス)ポリシーに対する懸念を表明した。

 

ALPSPは、同ポリシーがこれまでのOA化の進展に悪影響を及ぼすことを懸念しており、助成を受けた論文がハイブリッドジャーナルに掲載される機会を制限することは、論文の掲載場所の選択の制限につながるため、学協会の著者にとって有益ではないとしている。

 

また、ALPSP会員、特に小規模出版社にとっては、ハイブリッドジャーナルからゴールドOAへ移行するTA(Transformative Agreement、転換契約または移行契約)は設定と維持が複雑なため難しく、UKRIから助成を受けた著者がそれらのジャーナルを選択しないことも考えられるという。

 

さらに、CC BYライセンスの下でゼロエンバーゴのAAM(Author Accepted Manuscript、著者最終稿)の出版を義務化することは、査読などの付加価値のある出版サービスを含めた、学協会の重要な投資を軽視していると指摘。それにより起こりうるVoR(version of record)の質の低下やOA化促進の鈍化、英国の出版業界全体への負の影響などへの懸念も表明した。

 

[ニュースソース]

ALPSP Copyright Committee​ responds to UKRI Open Access Policy ― ALPSP 2021/08/11 (accessed 2021-08-18)

 

[小欄関連記事]

2021年08月12日 UKRI、新たなOAポリシー​​を発表

2021年06月14日 cOAlition S、小規模・独立系出版​社のOA契約導入方法に関するレポート"How to enable smaller independent publishers to participate in OA agreements"を公開