文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

NBDC、JOSS2021での講演「FAIR Evaluation - FAIR度の測定」を紹介(記事紹介)
2021年10月07日 | 日本

​JST(科学技術振興機構) NBDC(National Bioscience Database Center、バイオサイエンスデータベースセンター)は、9月27日、「JOSS2021 参加報告 - データのFAIR度を測定する取り組み」と題する記事を公開した。

 

本記事は、6月14〜19日にオンラインで開催されたJOSS(Japan Open Science Summit)において、NBDC研究員の信定氏が講演した「FAIR Evaluation - FAIR度の測定」の内容を主に紹介したもの。

 

公開データあるいはデータ公開基盤のFAIR度の測定(FAIR Evaluation)基準に関する、ヨーロッパのグループによる取り組み"FAIR Evaluation Services"を紹介。同グループは、ユニークIDを持つか、メタデータが整備されているか、利用許諾が明示されているかなどを基準とし、自身のデータを判定できるWebサイトも構築しているという。

 

そのほか、米国の同様の取り組みも紹介している。

 

[ニュースソース]

JOSS2021 参加報告 - データのFAIR​​度を測定する取り組み ― NBDC 2021/09/27 (accessed 2021-10-05)

 

[小欄関連記事]

2021年05月13日 JOSS、JO​​​SS2021の「プログラム公開」ならびに「セッションなどへの参加登録受付開始」