文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

Clarivate Analytics社のISI、ラテンアメリカやカリブ海地域の研究活動の調査報告書を発表

Clarivate Analytics社のISI(Institute for Scientific Information)は、9月30日、ラテンアメリカやカリブ海地域の34か国の研究活動を調査した報告書"Global Research Report Latin America: South and Central America, Mexico and the Caribbean"を公開した。

 

本報告書は、同地域の科学研究状況の理解を目的としており、1981年以降の研究の調査、最近の研究については詳細な分析、コンテンツに対する言語の影響の検証などを行っている。

 

主な調査結果として、同社の引用データベース"Web of Science"にインデックスされた同地域の学術論文数が急速に増加していること、"SciELO Citation Index※"には英語による共同研究論文が少ないこと、ブラジルの研究者が英語雑誌に論文を発表する傾向があるためポルトガル語の論文の数が減少していることなどを挙げている。

 

また、2016年から2020年までの論文発表数は、34か国のうち、2万5,000件以上が5か国、1,000~1万件が12か国であったが、残りの17か国は年平均200件以下だったという。

 

※ラテン アメリカ、スペイン、ポルトガル、カリブ、南アフリカの地域ジャーナルの研究を対象とした引用データベース

 

[ニュースソース]

The expanding research landscape of Latin America ― Clarivate 2021/09/30 (accessed 2021-10-11)