文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

PLOS、medRxivへのプレプリントの自動投稿に関するCSHLとのパートナーシップ拡大を発表
2022年01月14日 | 北米・中南米

PLOS (Public Library of Science)は、1月6日、CSHL(Cold Spring Harbor Laboratory、コールド・スプリング・ハーバー研究所)とのパートナーシップ拡大を発表した。

 

これにより、2022年1月から、"PLOS Medicine""PLOS Neglected Tropical Diseases""PLOS ONE"に投稿する著者に、原稿をプレプリントとしてmedRxivに自動でポストするオプションを提供する。

 

medRxivは、2019年6月に開始したプレプリントサーバーで、現在140か国15万3,000人の2万7,500件以上のプレプリントをホストしている。PLOSは、Editorial Managerのジャーナル投稿システムを経由したmedRxivへのプレプリントのポストを導入した初の出版社だという。

 

[ニュースソース]

PLOS and Cold Spring Harbor Laboratory Extend Partnership to Accelerate Preprint Sharing in Medicine — PLOS 2022/01/06 (accessed 2022-01-07)

 

[小欄関連記事]

2021年03月23日 HighWire、CSHLとジャーナルおよびプレプリントのホスティングに関するパートナーシップを更新

2020年10月27日 CSHL、medRxivのプレプリントの全文HTML化を発表

2019年06月18日 BMJ社、CSHL、イェール大学、ヘルスサイエンス分野のプレプリントサーバー立ち上げを発表

2018年02月09日 PLOSとCSHL、bioRxivへの自動投稿に関する契約を締結