文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

閉幕したOA週間中の主な出来事

初めての国際的オープンアクセス(OA)週間(2009年10月19-23日)が閉幕した。この間、様々な行事が各国の300以上の高等教育・研究機関で行なわれたが、主催者の一つSPARCは、主な出来事として次の5件を挙げた。

1.研究機関での新規アクセス方針の策定
特に国立大気研究センター(NCAR)。
(関連記事)  
米国:NCAR、OAを義務化 - 2009/10/19
Open Access Day at University Corporation for Atmospheric Research (UCAR), October 22

2.学内でのOA方針採択
Trinity University(テキサス州) 
University of Pretoria(南アフリカ)

3.OAの及ぼす社会的経済的インパクトに関する調査結果の発表
・"Harnessing Openness to Improve Research, Teaching and Learning in Higher Education"(PDF 102ページ)(Committee for Economic Development)
Guide to JISC's 15 years of research on OA
(関連記事)
英国:JISC、OA15年のあゆみを紹介 - 2009/10/21

4.OA出版助成を強化する公約
英国Wellcome Trust
(関連記事)
OA出版料は二重取り? - 2009/10/21
英国:ウェルカム・トラストとOA(ビデオ講演) - 2009/10/19

5.学生にも高まるOA支持
全学でのOA方針採択を目指す"Student Statement on the Right to Research"に署名した大学の学生数は550万人以上

[ニュースソース]
International awareness week marks new beginning for enabling the Web and advancing research through Open Access - SPARC, 2009/10/29