文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

OAが引用に及ぼす影響(論文紹介)

オープンアクセス(OA)が引用に及ぼす影響について考察した論文"Measuring Citation Advantages of Open Accessibility"がD-Lib Magazine(November/December 2009)に掲載された。著者は、香港科技大學図書館のSamson C. Soong氏。 

(Introductionの試訳)
OA論文は従来誌の論文に比し被引用率が高いことを示そうとした調査は、過去何度も行われてきた。OA論文は、OA誌かOAリポジトリーで公表される。しかし、被引用率に及ぼすOAのインパクトをより正確に示して、インパクト(あるいはnon-インパクト)問題を入念に調べるには、より信頼性の高い方法での調査が必要である。例えば、公表されたジャーナル論文のうち、オンライン化の恩恵を受けている(いない)のは何%位かなど。

本稿は、香港科技大學(HKUST)の教授陣が学術誌で発表しHKUST機関リポジトリーにデポジットした一連の論文について、OAが被引用率に及ぼした影響を実態調査したものである。何より、新手の定量的方法を提示しており、OAの正味インパクトのより効果的な測定方法となることが期待される。