文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

ジャーナル出版協定と著作権協定付属書に関する共同声明、発表

英国の国際科学工学医学出版社協会(International Association of Scientific, Technical & Medical Publishers、STM)、米国出版社協会(Association of American Publishers、AAP)のProfessional Scholarly Publishing(PSP)部門、および英国の学協会出版社協会(Learned and Professional Society Publishers、ALPSP)は、3月10日、ジャーナル出版協定と著作権協定付属書に関する共同声明を発表した。

これは、刊行物(published works)に対する著作者の権利について、権利があるのに無いといわれたり、多くの出版社は制限を設けていないのに設けているといわれるなどの論議(最近の例はハーバード大における研究論文OAに関するもの)に対し、証拠に基づきこれらを明確にしたもの。

STM分野の出版社は、著作者(研究者)が論文を自機関内で教育目的に使用することを認めている。また、大半のジャーナルは、研究者が論文のコピーを同僚に配布したり、論文の一部を将来の論文で利用することを認めている。

[ニュースソース]
Several Publisher Associations Release Joint Statement on Journal Publishing Agreements and Copyright Agreement Addenda
STM/PSP/ALPSP Statement on journal publishing agreements and copyright agreement 'addenda'-プレスリリース

[関連サイト]
米国: ハーバード大、研究成果のOAを義務化