文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

医学文献でまかり通る報告バイアス(論文紹介)

医学文献では報告バイアス(reporting bias)がまかり通っており、対策を講じなければ患者が危ないとした論文"Reporting bias in medical research - a narrative review"(PDF 58ページ)がオープンアクセス誌Trialsに掲載された。

ドイツの公的機関「医療の質・効率研究所」"Institute for Quality and Efficiency in Health Care、IQWiG"のNatalie McGauran氏など6名の共著。

(紹介文試訳)
公表された研究に基づき治療判断・方針決定を行う者にとって、試験結果が選択的に報告されるのは懸念である。先週Trialsで発表した総説の中で、McGuaran氏たちは医学文献での発表バイアス(即ち、ネガティブな又は結論の出ない研究成果は発表しないこと)と成果報告バイアス(即ち、特定の結果は公表研究では報告しないこと)のprevalence(蔓延、罷り通ること、普及)を査定した。

[ニュースソース]
Reporting bias widespread in medical literature – BioMed Central Blog, 2010/4/23