文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

EU、食品安全改善データベースを作成中

ドイツの連邦リスクアセスメント機関(Federal Institute for Risk Assessment、BfR)は、欧州食品安全機関(European Food Safety Authority、EFSA)の委託により、ヨーロッパ食糧消費データベースを作成している。

これは、統一様式による最新の細分化した当該データベースを作成することにより、健康リスクを査定し、リスクグループや高リスクの食習慣をつきとめ、食品販売許可申請書を適正に審査しようとするもので、BfRは各国のDB作成責任者と連携している。DB作成は本年6月に完了予定。

EFSAは、欧州議会(EUROPEAN PARLIAMENT)/欧州連合理事会(COUNCIL OF THE EUROPEAN UNION)の食品安全に係る規則(EC)No.178/2002第33条に基づき、食糧消費により個人がさらされるリスク等を含む科学的データの収集、分析、まとめを関係機関と連携して実施することになっており、今回の計画はその一環である。

[ニュースソース]
Development of European database for improved food safety