文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

EU: 域内研究強化を提言、成果のオープンアクセス化も

欧州議会(EUROPEAN PARLIAMENT)の産業研究エネルギー委員会(Committee on Industry, Research and Energy、ITRE)は、2007年10月、「欧州研究圏の新しい展望(案)」“Draft Report on the European Research Area: New Perspectives”を発表した。

欧州研究圏(European Research Area、ERA)イニシアチブは、2000年3月に策定されたが、国家間、機関間に大きな障壁があるため実現に至っておらず、今回、実現に向け、EU域内での研究者市場の創成、世界トップクラスの研究基盤の整備、研究機関の強化、知識の共有、研究計画・優先度の最善化、国際科学技術協力等について新しい提言がなされたもの。研究成果のオープンアクセス化にも言及している。

[ニュースソース]
Draft motion in support of OA for the European Parliament

[関連サイト]
File No. 286-003 欧州研究圏の将来に関するパブリック・コンサルテーション(JSTデイリーウオッチャー)
File No. 188-004 欧州研究圏(ERA)の未来像が明らかに
(JSTデイリーウオッチャー)