文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

英国:公共部門の情報、OA化で経済効果アップ(調査報告)

英国の公共部門の情報(Public Sector Information(PSI)を有料提供しているTrading Funds(「事業基金」法により設立され、自立した運営形態を持ち資本金を有する公的機関。商業収入がある))の事業モデルの現状と代案につき、経済分析が行われた。

この調査は、財務省の委託により、ケンブリッジ大学の経済学者らが6大Trading Funds(気象庁陸地測量部英国水路部土地登記所会社登記所運転免許車輌登録局)を対象に実施したもので、政府の情報は限界コスト(marginal cost)で提供されている一方、Trading FundsのPSIは自由裁量で価格設定ができるという政府方針を考察した。

結論は、「公的な情報を無料化すれば、6機関だけでも、ライセンス料(情報提供料)収入減より£160m以上社会のためになる」としている。

・調査結果
→“Models of Public Sector Information via Trading Funds
・Trading Fundsについて
JST CRDS欧州月報・2007年1月号「英国:研究会議の変革」(P12/15-14/15、3-4)その他の運営形態)

[ニュースソース]
Economic benefits of OA for public sector info