文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

日本物理学会、研究成果のオープンアクセス化を検討
2007年12月03日 | 情報流通,日本,ヨーロッパ

本年7月、欧州合同原子核研究機関(CERN)から文科省と高エネルギー加速器研究機構 (KEK)宛てに高エネルギー物理学分野の研究成果のオープンアクセス化を図ろうとする提案SCOAP3(Sponsoring consortium for Open Access Publishing in Particle Physics) 等があったことを受け、KEKと日本物理学会の間で話し合いが持たれ、今後、日本物理学会が中心となって本件を検討していくこととなった模様である。

[ニュースソース]
SCOAP3によるオープン・アクセスの運動について(日本物理学会)