文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

知財専門調査会、「検索サービスの適法化」等を提言

内閣に設置された「デジタル・ネット時代における知財制度専門調査会」は、5月29日、今後の知財制度のあり方についての検討経過報告をまとめた。

報告では、次の4点を「早急に対応すべき課題」として、6月に決定する「知的財産推進計画2008」に盛り込み、2008年度中に法的な措置を講じるよう提言している。

1)検索サービスの適法化
2)通信過程における一時的蓄積の法的位置付けの明確化
3)研究開発に関わる著作物利用の適法化
4)コンピュータプログラムのリバースエンジニアリングの適法化

[ニュースソース]
デジタル・ネット時代における知財制度専門調査会(第3回)
議事次第

[関連サイト]
デジタル・ネット時代の知財制度専門調査会が設置