文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

EIFL、2014年にオープンアクセス方針を採用した機関を発表
図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを支援する非営利団体EIFLは、2014年にオープンアクセス方針・指令を採用した22のパートナー機関を明らかにした。南アフリカのケープタウン大学、中国の中国科学院、チェコのブルノ大学などが含まれる。22機関の地域別内訳はアフリカから10機関、アジアから3機関、ヨーロッパから9機関となっている。

これまでにオープンアクセス方針を採用した70のEILFパートナー機関のフルリストはこちら


[ニュースソース]

22 OPEN ACCESS POLICIES ADOPTED IN 2014 - EIFL 2014/12/18