文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

シュプリンガー社とジョゼフ・フリエ大、偽科学論文を発見するオープンソースソフトウェア”SciDetct”を発表
シュプリンガー社とフランスのジョゼフ・フリエ大学(Université Joseph Fourier)は3月23日、自動的に偽科学論文を見つけるオープンソースソフトウェア”SciDetect” を発表した。本ソフトはXMLファイルやPDFファイルをスキャンし、SCIgen、Mathgen、Phygenなど自動論文生成ソフトにより作成されたテキストを発見する。シュプリンガー社はこれを制作ワークフローにおける追加の二重安全チェックとして利用する。また、本ソフトは自動論文生成の新たな手法に対処できるよう素早いカスタマイズや柔軟な対応が可能であるとしている。

[ニュースソース]