文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

英国:OA方針への対応状況を表すRIOXXメタデータアプリケーションプロファイルV2.0(記事紹介)
2015年04月24日 | ヨーロッパ

Research Information413日記事“A pragmatic approach to metadata and compliance with funder policies”では、英国研究会議(Research Council UK, RCUK)およびイングランド高等教育資金会議(HEFCEOA方針への準拠を示すのに必要なメタデータ記述を提供するRIOXXアプリケーションプロファイル2.0を紹介している。RIOXXJISC助成により、RCUKおよびHEFCEの協力の下EDINAが開発し、最終版が123日に公開されている。

 

RIOSS2.021のメタデータ要素からなる実用的なメタデータの発行方法である。このプロファイルでは、助成機関名とプロジェクトIDを特定の形式で記録する必要があるが、出版社の論文受理日、米国情報標準化機構(National Information Standards OrganizationNISO)のAccess License and Indicatorsで示される”free_to_read”タグと”License_ref”フィールドを新たに加え、ORCID IDの使用を推奨している。

 

また、英国で広く活用されているオープンソースのデジタル資産管理ツールEPrintsDSpaceへのプラグインを開発し、研究機関における実施を支援する。

 

 [ニュースソース]

A pragmatic approach to metadata and compliance with funder policies - Research Information 2015/4/13

[関連記事]

Launch of RIOXX Application Profile - JISC 2015/1/26