文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

トムソン、日本と新興経済市場の特許件数を比較

トムソンサイエンティフィックは、日本の特許件数を新興経済市場(ブラジル、インド、ロシア、中国)と比較した調査結果を発表した。対象年度は2000年から2005年まで。

中国は発明数が300%増加し、製薬、医療・化学関連の特許件数では米国に次いで世界第2位、ただし、2005年の日本の特許件数は中国の4倍半もあり、日本が引き続き創造性と技術革新の面でアジアの原動力となっているとしている。

[ニュースソース]
トムソンサイエンティフィックが新興経済市場に関するデータを発表