文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

STI Updates

英国の研究データ基盤(報告書)
2017年07月13日 | ヨーロッパ

オープンリサーチデータ・タスクフォースはこのたび、報告書"Research Data Infrastructures in the UK"(試訳:英国の研究データ基盤、pdf:57ページ)を公開した。

 

同タスクフォースは国家的オープンリサーチデータ基盤構築計画作成のため、Jo Johnson 大学・科学・研究・イノベーション担当大臣により設立された専門家グループ。ウォーリック大学Pam Thomas教授が議長を、Jiscが事務局を務める。8人のメンバーのほか、英国研究会議(RCUK)、イングランド高等教育資金会議(HEFCE)、ウェルカム財団、英国大学協会(Universities UK)、ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)、およびJiscの代表者から構成される。

 

本報告書は、英国のオープンリサーチデータを支援する基盤の全体的概略を解説する、タスクフォースとして初めて公開する報告書である。研究助成機関と大学が実施した政策、技術的プラットフォームやツール、研究分野によって異なる文化的課題について詳述している。

 

[ニュースソース]

The Open Research Data Task Force - 英国大学協会 2017/7


[小欄関連記事]

2016年08月01 RCUK等、オープンな研究データに関する協定を公開