文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

JST情報事業について

ミッション
  • 科学技術イノベーション創出のための基盤として、科学技術情報インフラを構築します。
  • 内外の科学技術情報の収集、蓄積・構造化、分析・処理、可視化により、新たな知識の抽出・活用による研究開発力の飛躍的向上や政策立案、経営戦略策定における意思決定に資する基盤とする取り組みを行います。
沿革

JST情報事業は、わが国における科学技術情報に関する中枢的機関として内外の科学技術情報を迅速かつ適確に提供する事を目的に1957年8月に設立された「日本科学技術情報センター(JICST)」を前身に、数十年に渡り科学技術情報の整備・流通・活用に取り組んでいます。

沿革をもっと見る

事業概要

イノベーションの創出およびイノベーションにつながる研究開発活動には、過去の研究成果や開発者などの情報の活用が必要不可欠です。
JST情報事業では、

  • 研究開発活動に必要とされる情報(論文、特許等の研究成果、研究者、研究機関の情報等)を体系的に収集、利用者が使いやすいように整備しています。
    文献情報データベースの作成・提供、文献の保管・複写
  • これらの情報をWebサービスとしてインターネットを通じて公開、利用者目線に立った利便性向上を図っています。
    JSTのデータベース・コンテンツサービス
  • さらに、研究成果と研究者といった関連する情報同士をつなぎ、分野や業種の垣根を越えて、科学技術に関連する情報の統合的な検索や分析を可能とするシステムも提供しています。
    J-GLOBAL
  • 情報のより一層の効果的で効率的な活用をうながすため、産学官との連携を進め、「基礎研究」から「事業化」に至るあらゆるシーンの課題解決へのヒントを提供し、研究開発活動を情報面から支援します。

科学技術情報委員会

趣旨

科学技術振興機構では、わが国の科学技術情報基盤のあり方について、科学技術イノベーションへの貢献の観点から議論する場として、平成26年度に「科学技術情報委員会」を設置いたしました。
科学技術情報だけの近視眼的な議論に終始することなく、将来の社会的期待に向けた社会経済的課題の掘り起こしを可能とする為、科学技術情報に詳しい産学官の専門家、科学技術情報を利用する立場の方、国内外の社会情勢に詳しい有識者10名で構成されております。
委員会では、平成26年度のテーマとして「わが国における研究データの情報基盤」を設定し、この度、日本の研究データシェアリングのあり方について議論した内容を提言書としてとりまとめました。

わが国におけるデータシェアリングのあり方に関する提言(PDF:647KB)
附則資料1  科学技術情報委員会 委員名簿(PDF:34KB)
附則資料2  科学技術情報委員会 開催スケジュール(PDF:45KB)
別添資料1  ステークホルダーにおけるデータシェアリングの動向(PDF:423KB)
別添資料2  研究データ共有ポリシーに関する調査(PDF:1.2MB)

科学技術情報賛助会

趣旨

科学技術情報賛助会は、当機構の科学技術情報に係る事業の円滑な運営と発展に寄与することを目的とし、平成3年度に発足して現在に至っております。
皆様のご指導、ご協力に心より感謝申し上げます。
現在、科学技術文献データベースの提供については、当機構がデータの著作権等の権利を保持し過去のデータと共に一括して管理のうえ、データの網羅性、継続性及び品質の保持を行い、株式会社ジー・サーチを通じてJDreamⅢとしてサービスを提供しているところです。
情報基盤整備には膨大な費用を要するため、是非「科学技術情報賛助会」の趣旨にご賛同いただきご入会を賜りますようお願い申し上げます。 賛助会会費はデータベース拡充、質の向上等の資金に充当し、企業等の皆様の研究開発に有益なデータベースを構築していきたいと考えております。

科学技術情報賛助会会員の特典
○正会員 1口5万円
・広報誌「JSTニュース」の送付
○準会員 1口2万円
・広報誌「JSTニュース」の送付